『麻痺と慣れ。名付けるのはあなたです。』

グローバル化が加速し続ける現代社会において、日本人も様々な形で海外で働いている。今回、民間警備会社のイスラエル駐在職員として働く小口さんに、今のお仕事に就くきっかけとなった体験や、イスラエルで働くようになって感じる自身の変化について伺った。

 

麻痺 〜日本と海外〜

「大学生の頃、日本は戦争がないけれども今は“平和”なのだろうか、そもそも“平和”とはどんな状態なのかとよく考えていました。そして日々、考えを深めていく中で、日本では感じたことのないものを見つけようと思い、歴史的な事件があった国や現場を巡り始めました。ボスニアヘルツェゴビナをはじめとする東欧諸国や、カンボジアのキリングフィールド。中でも、ポーランドのアウシュビッツ収容所は衝撃的だった。ある部屋に人の髪の毛が大量においてあり、何かと思ったら、衣類の材料として使うために集められたものだったんです。 “人間は良心が麻痺したら、何でもできてしまう”と痛感し、戦慄が走りました」

 

慣れ 〜イスラエルの日常〜

「大学卒業後は民間警備会社に就職し、警備の仕事を通じて世界の現状を知りたいと考え、海外勤務を志願しました。そして、一年前からイスラエルで働くことになったんです。実際に現地で働いてみると、想像していたよりは安全でした。しかし、テロや戦闘行為は今でも起こります。頻繁にロケット弾が市街地近くに撃ち込まれるなんて、本では考えられないですよね。はじめのうちは怖かったです。ただ恐ろしいもので、それが毎日続くと徐々に慣れてくるんですよ。3ヶ月もすると、被害は?どういう手法?とか客観的というか冷めた視点で事件を捉えるようになりました。戦争ぼけというのか、そんな危険な事件も 他人ごとのように感じるようになったのです。ある種の“慣れ”なんですかね」

 

小口さんがアウシュビッツで感じた良心の麻痺と、イスラエルで体験されている危険を他人事のように感じてしまうという慣れ。この二つには共通する部分があるのでは?

「確かに言われてみれば、おっしゃる通りですね。人は衝撃的なことがあっても、晒され続けると、いつの間にかそのような出来事に対する感覚が麻痺してしまうのかもしれません。でも指摘されるまで、そんなこと考えたこともなかったです。もちろん、この2つの間には何段階かステップはあるだろうけれど、自分の感覚にそんな変化が起きているなんて、自覚はなかった。もしかしたら、心への 日常的ストレスを抱えないための、人間の適応能力によるものなのかもしれませんね」

 

日本にはない“危険”を身近に感じる環境にありながら、それを日常として受け入れ働く小口さん。私はふと、感じました。日本における生活でも、“麻痺”か“慣れ”が起こっているかもしれない、知らぬ間に、誰しもが。

 

慶応義塾大学/岩橋