留学生から見えた幸せのカギ

日本の大学に通う外国人留学生に突撃インタビューをした。場所は渋谷。年齢は20〜25歳の外国人留学生。彼ら彼女らが見る日本や働く価値観を探った。一緒にインタビューに携わったのは4名。早稲田大学生のチャーリー君、カイ君。慶應に留学しているケイティさんと私の4人でインタビューをした。質問した内容は以下の通りである。

 

日本にいる理由 日本に来た理由 仕事 その他
イギリス人(女性) インターンシップで なんとなく。日本を探索中 学生 日本はファッションでは魅力的でその分野でのインターン
ドイツ人(女性) 仕事で、今は日本が多い。 モデルの仕事で モデル 日本人はまじめ、しっかりしている。でも、いろんな人がいる。夜になると、気さくな人が増える。何のために働くか。それは家族から独立して生活するため。自己責任である。モデルの仕事は見た目よりも厳しい。生活するには難しい。しかし、自分自身に自信を持ってさえいれば、やり過ごせる。なんとか生きていける!
ドイツ人(男性) 交換留学生 興味が合って 日本はドイツの学生と比べると消極的だし、コミュニティが少ない。飲み会で将来、仕事、政治の話をしない。開放的でない。区分がある。仕事や遊びの分けた付き合いで、その中でしか会話をしない。就職はヨーロッパでする予定。
カナダ人(女性) 英語の先生やりながら大学に通ている。 面白い。アジアに行きたいけど汚い。日本はキレイだから。 学生 将来はパリに住みたい
アメリカ人(女性) 留学生 少女漫画の影響と、ジェットプログラム 学生 日本に来て、自分は何がしたいかよく考える。好きなことは仕事にしない方がいいのじゃないか。好きを仕事にすることに戸惑いを感じることが多い。好きな通訳の仕事をするかどうか悩んでいる。日本という国は日本語勉強するにはもってこい。日本人が英語を話せないとは思えない。外国に行けば話せるようになるよ。キャンパスの外で学ぶことの方が多い。
トルコ人 明治4年生から 不明 NTTで働く 就職活動は辛くて本当にひどかった。でも、トルコに帰るつもりはない。日本の問題は外国人に厳しいところ。
スウェーデン人(男性) 専門学校生 面白い。欧米とは全く違うから 学生 外国人はそんなにバイトしない。学費もかからないし、比べて日本のバイトは簡単にできる。
オーストラリア人(男性) ワーキングホリデー 彼女が日本人で追い掛けに来た フリー 働く上で、自分の気に入る仕事を見つけることが大切
オーストラリア人(女性) 留学生 高校の姉妹校で来た 学生 ジャニーズが好き。ジャニーズ事務所で働きたい。ライバルは韓国K-POP集団。でも、今は貿易関係の仕事も考えている。今は、留学生なので、もう一度慶應を一から受け直して、入学しようと思っている。現在剣道部に所属している。
韓国(女性) 留学で 日本が好きだから 学生 仕事に対するウエイトが重い。根性はあるけど、我慢していることが多そう。理想が高い。日本でしかできない仕事をしたい。韓国には新卒採用の概念がない。

 

インタビューを通して、外国人は日本人のような枠組みは特になく、仕事も遊びも同僚と友人との関係もフラットな付き合いであった。日本人とは違い仕事が全てではないようだ。とはいえ、仕事も遊び友人付き合いも全てに対して全力投球をしている。全てに力を注げるのは本当にパワフルである。それができるのはONとOFFの切り替えが上手だからではないか。そもそも「キツイ、大変」という捉え方が違う。外国人は日本人と比べて自分がチャレンジして失敗したら、違う方法をまた考えればいいと、割り切りができる。それに対して、日本人は失敗を本当に重く受け止める。責任感が強いのか。失敗が許されないという考えが先行するが故なのか。一度失敗すると中々前に進まない。答えのない問題に対して、手が動かない。ある留学生が、日本人は目標に向けてのプロセスがカタイ。諦め悪いのは根性があるとも言い換えられるが、それがストレスをためる原因になるのではないか。と言う言葉が妙に刺さった。

少なくとも、今回インタビューした留学生の多くの人の考えに「働く」という基準の前提に自分の素直な「幸せ」「やりたいこと」があった。また、日本人に比べて自立精神が強い。ある留学生が言っていたが、親にはいつも「自分の人生は自分で決めろ」と言われるそうだ。ここにこそ日本人にはない自信と覚悟があるように感じたインタビューであった。

慶応義塾大学/島