『考えろ。』グローバルで生きるために。

日本たばこ産業株式会社 人事部 課長代理 久野 新吾 様

日本たばこ産業(以下JT)がグローバル企業の最先端を走っていることはあまり知られていない。M&Aを行いJTIという海外子会社を設立し、たばこ販売シェア世界3位。食品や医薬など幅広い分野で活躍をみせ税抜売上高2兆円を超える。今回はJTI勤務経験があるJT人事部課長代理の久野新吾さんに海外で活躍するグローバル人財に大切なものを伺った。実際に久野さんがJTIで働いて一番感じたことは「探究と教養の大切さ」だという。

「以前、ヨーロッパでセーリングボートを使ったプロモーションを行いました。その際、プラン自体はヘッドクオーターによって設計されましたが、各市場間で外装色の印象が問題になったのです。日本では緑色の青信号が存在するように、あまり色に明確さを求めていませんが、海外では違います。ギリシャ人の感じる青とロシア人の感じる青は違い、エーゲ海を思い出す青もあれば、冷戦を思い出す青もあるのです。」

このように色だけとっても問題が生じる中、文化的な問題は多く存在する。そこで大切なのは、各々が、国際教養を身につけていくこと。そのために、なぜを考え、探究できる人こそが、グローバル人財に求められる大切な能力だということだ。

「学生の皆さんには探究、いや、もっと根本的な『考える』ことを大事にして欲しいと思っています。『考える』ということについては、学部などは関係ありません。総合的な学問、言い換えればグローバルで通用する教養=リベラル・アーツ、それこそが重要になるのではないでしょうか。」

将来、JTではグローバル人財という言葉はなくなる。グローバル人財が集う組織で区別をする言葉は必要ないからだ。そして、そこでは考えない人財は必要とされなくなる。

考えろ、さもなくば取り残されてしまう。

 

慶應義塾大学 岩橋