『考えろ。』グローバルで生きるために。

注目

日本たばこ産業株式会社 人事部 課長代理 久野 新吾 様

日本たばこ産業(以下JT)がグローバル企業の最先端を走っていることはあまり知られていない。M&Aを行いJTIという海外子会社を設立し、たばこ販売シェア世界3位。食品や医薬など幅広い分野で活躍をみせ税抜売上高2兆円を超える。今回はJTI勤務経験があるJT人事部課長代理の久野新吾さんに海外で活躍するグローバル人財に大切なものを伺った。実際に久野さんがJTIで働いて一番感じたことは「探究と教養の大切さ」だという。

「以前、ヨーロッパでセーリングボートを使ったプロモーションを行いました。その際、プラン自体はヘッドクオーターによって設計されましたが、各市場間で外装色の印象が問題になったのです。日本では緑色の青信号が存在するように、あまり色に明確さを求めていませんが、海外では違います。ギリシャ人の感じる青とロシア人の感じる青は違い、エーゲ海を思い出す青もあれば、冷戦を思い出す青もあるのです。」

このように色だけとっても問題が生じる中、文化的な問題は多く存在する。そこで大切なのは、各々が、国際教養を身につけていくこと。そのために、なぜを考え、探究できる人こそが、グローバル人財に求められる大切な能力だということだ。

「学生の皆さんには探究、いや、もっと根本的な『考える』ことを大事にして欲しいと思っています。『考える』ということについては、学部などは関係ありません。総合的な学問、言い換えればグローバルで通用する教養=リベラル・アーツ、それこそが重要になるのではないでしょうか。」

将来、JTではグローバル人財という言葉はなくなる。グローバル人財が集う組織で区別をする言葉は必要ないからだ。そして、そこでは考えない人財は必要とされなくなる。

考えろ、さもなくば取り残されてしまう。

 

慶應義塾大学 岩橋

世界と渡り合っていく ー 株式会社 京三製作所

海外事業統括部 営業推進部 理事 石井 宣裕 様

グローバルな市場の一つに、発展途上国を中心として、発電や道路といった社会インフラ市場がある。その中で鉄道・交通の信号システムを専門に海外進出している京三製作所の石井さんにお話を伺った。京三製作所は1950年代より海外進出しており、石井さんはブラジル、香港、シンガポールといった国々の鉄道プロジェクトを手掛けてきた。

社会インフラに不可欠なのは、安定して安全かつ現地の人間が安心できるようなシステムであること。そこで高品質な商品を得意とする日本には強みがある。しかし、日本が海外勢に秀でて必ずしも採用されている、というわけではない。

日本が海外進出する際の、大きなハードルが規格の違いだ。

職人芸のような日本の技術は、品質という良さもあれば、日本以外では通用しづらいという欠点もある。つまり、グローバルへの標準化と日本のこだわりあるものづくり精神をうまくバランスを保つことが重要だということだ。

「海外のビジネスモデルは、『契約主義』。良くも悪くも紙に書き起こしたものしか行われません」。だが、日本のものづくりはこれとは反対の、マニュアルを超えたこだわり、悪く言えばおせっかいな性格が根本にある。「契約主義の中でいかに日本のマインドを広めていくかが、課題になると思っています」

このように語る石井さんに、この仕事のやりがいを次のように語ってもらった。

「“正確”・“安全”という点に関しては、日本は世界一なんですよ。こういったものをいかに世界に採用してもらうか、世界の標準と照らし合わせて提案していく、これは魅力があると思います。信号だけで生きているメーカーだから、ノウハウもある。海外が1、2年で追いつけるものではなく、世界と渡り合って戦える。とてもやりがいのある仕事ですね」

一見、地味で地道な信号メーカーだが、これからは世界で熱く戦っていく人材を求めている、そう強く感じた取材であった。

 

早稲田大学/田中

日本流「維新」をグローバルへ ー 株式会社 日立ソリューションズ

産業・流通システム事業本部 グローバルビジネス推進本部

本部長 中村 輝雄 様

 

「グローバルになればなるほど、価値を生み出せない日本人は捨てられてしまう――― 」

そう言い切るのは、本年4月に日立グループのIT中核企業である日立ソリューションズでグローバルビジネス推進本部の本部長に就任した中村輝雄氏だ。

日本人が捨てられてしまうというのはどういうことか? それはよくよく考えれば自明だという。製造業もITも似たようなもので、一昔前、グローバルと言えば日本の製品を欧米各国へ輸出することだった。それが少し進んで、海外に拠点や工場を作り、海外で作ったものを海外で売るということをやってきた。こうなってくると、日本に金が入ってこない、さらに製品がコモディティ化すれば付加価値がないので、日本に本社を置く必要すらなくなってしまう。かくして日本人は捨てられてしまう。

このような現実に直面する中、IT企業はどうしていくのか? と聞くと、「ITとかそういう区切り方は既に意味がない」という答えが返ってきた。「グローバルというのは、単に日本企業が海外で戦いますということじゃなくて、それぞれの国において必要とされる付加価値=ビジネスモデルを考えなきゃいけないこと。特に日立グループがやっていくのは都市とか、鉄道、電力などの社会インフラの部分になる。そこにはITというのが当たり前にセットになっている。この社会インフラの提供というのは、ほとんど国をどう統治するのかということに似ている。それはまるで明治維新の際に日本が郵便制度をイギリスから丸ごと取り入れたようなものだ。今度は先進国である日本が、日本の社会インフラで各国に『維新』を起こしていく。グローバルで日本が企業活動するためには、そういうことまで考えないといけないと思う。そうしなければ、人口の減少が続くであろう日本のマーケットは収縮していき、死を待つのみだ」

そう語り終えた後、一言、「なんとかしたいなぁ…」と呟いたのがとても印象的だった。静かではあるが、確固とした意志を持ち、本当に日本の10年・20年後を考え走り続ける姿に、自分の心が熱くなるのを感じた。このように、自分の国を思い、熱い心をもった企業人に会ったのは初めてかもしれない。

取材を通して、先進国である日本がやるべきグローバルの企業活動と、それを推進するためには、グローバルだからこそ、自分の仕事と国に対する思いや強い信念が必要不可欠であることを教えていただいたように思う。

 

慶應義塾大学/島

「くりくら。」再始動!!

内容:現在検討中(近日公開予定!)
日程:2012年5月25日(金)
   19:00〜21:00(受付開始18:30〜)
軽食:あります。
場所:(株)オゼットクリエイティブ
   東京都港区西麻布1−10−11 セソーラス西麻布3F
    03-5770-5977
参加ご希望の方は、
大学名、学部、学年、氏名を記載の上、
上記のメールアドレスまでご連絡下さい。
お電話でのお問い合わせも受け付けていますので、
お気軽にお声掛け下さい!
皆様のご参加お待ちしております。
くりくら。プロジェクト本部
学生取材新聞編集部
島優一

留学生から見えた幸せのカギ

日本の大学に通う外国人留学生に突撃インタビューをした。場所は渋谷。年齢は20〜25歳の外国人留学生。彼ら彼女らが見る日本や働く価値観を探った。一緒にインタビューに携わったのは4名。早稲田大学生のチャーリー君、カイ君。慶應に留学しているケイティさんと私の4人でインタビューをした。質問した内容は以下の通りである。

 

日本にいる理由 日本に来た理由 仕事 その他
イギリス人(女性) インターンシップで なんとなく。日本を探索中 学生 日本はファッションでは魅力的でその分野でのインターン
ドイツ人(女性) 仕事で、今は日本が多い。 モデルの仕事で モデル 日本人はまじめ、しっかりしている。でも、いろんな人がいる。夜になると、気さくな人が増える。何のために働くか。それは家族から独立して生活するため。自己責任である。モデルの仕事は見た目よりも厳しい。生活するには難しい。しかし、自分自身に自信を持ってさえいれば、やり過ごせる。なんとか生きていける!
ドイツ人(男性) 交換留学生 興味が合って 日本はドイツの学生と比べると消極的だし、コミュニティが少ない。飲み会で将来、仕事、政治の話をしない。開放的でない。区分がある。仕事や遊びの分けた付き合いで、その中でしか会話をしない。就職はヨーロッパでする予定。
カナダ人(女性) 英語の先生やりながら大学に通ている。 面白い。アジアに行きたいけど汚い。日本はキレイだから。 学生 将来はパリに住みたい
アメリカ人(女性) 留学生 少女漫画の影響と、ジェットプログラム 学生 日本に来て、自分は何がしたいかよく考える。好きなことは仕事にしない方がいいのじゃないか。好きを仕事にすることに戸惑いを感じることが多い。好きな通訳の仕事をするかどうか悩んでいる。日本という国は日本語勉強するにはもってこい。日本人が英語を話せないとは思えない。外国に行けば話せるようになるよ。キャンパスの外で学ぶことの方が多い。
トルコ人 明治4年生から 不明 NTTで働く 就職活動は辛くて本当にひどかった。でも、トルコに帰るつもりはない。日本の問題は外国人に厳しいところ。
スウェーデン人(男性) 専門学校生 面白い。欧米とは全く違うから 学生 外国人はそんなにバイトしない。学費もかからないし、比べて日本のバイトは簡単にできる。
オーストラリア人(男性) ワーキングホリデー 彼女が日本人で追い掛けに来た フリー 働く上で、自分の気に入る仕事を見つけることが大切
オーストラリア人(女性) 留学生 高校の姉妹校で来た 学生 ジャニーズが好き。ジャニーズ事務所で働きたい。ライバルは韓国K-POP集団。でも、今は貿易関係の仕事も考えている。今は、留学生なので、もう一度慶應を一から受け直して、入学しようと思っている。現在剣道部に所属している。
韓国(女性) 留学で 日本が好きだから 学生 仕事に対するウエイトが重い。根性はあるけど、我慢していることが多そう。理想が高い。日本でしかできない仕事をしたい。韓国には新卒採用の概念がない。

 

インタビューを通して、外国人は日本人のような枠組みは特になく、仕事も遊びも同僚と友人との関係もフラットな付き合いであった。日本人とは違い仕事が全てではないようだ。とはいえ、仕事も遊び友人付き合いも全てに対して全力投球をしている。全てに力を注げるのは本当にパワフルである。それができるのはONとOFFの切り替えが上手だからではないか。そもそも「キツイ、大変」という捉え方が違う。外国人は日本人と比べて自分がチャレンジして失敗したら、違う方法をまた考えればいいと、割り切りができる。それに対して、日本人は失敗を本当に重く受け止める。責任感が強いのか。失敗が許されないという考えが先行するが故なのか。一度失敗すると中々前に進まない。答えのない問題に対して、手が動かない。ある留学生が、日本人は目標に向けてのプロセスがカタイ。諦め悪いのは根性があるとも言い換えられるが、それがストレスをためる原因になるのではないか。と言う言葉が妙に刺さった。

少なくとも、今回インタビューした留学生の多くの人の考えに「働く」という基準の前提に自分の素直な「幸せ」「やりたいこと」があった。また、日本人に比べて自立精神が強い。ある留学生が言っていたが、親にはいつも「自分の人生は自分で決めろ」と言われるそうだ。ここにこそ日本人にはない自信と覚悟があるように感じたインタビューであった。

慶応義塾大学/島